リオリエント

アンドレ・グンダー・フランク [著] ; 山下範久 訳

ウォーラーステイン「近代世界システム」の西洋中心主義を徹底批判し、地球全体を覆う単一の世界システムの存在を提唱。世界史が同時代的に共有した「近世」像と、そこに展開された世界経済のダイナミズムを明らかにし、全世界の歴史界で大反響を呼んだ画期作の完訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現実の世界史とヨーロッパ中心的社会理論の対決に向けて
  • 第2章 グローバルな交易の回転木馬、1400〜1800年
  • 第3章 貨幣が世界をめぐり、そして世界をまわす
  • 第4章 グローバル・エコノミー-比較および諸関係
  • 第5章 横に統合されたマクロ歴史
  • 第6章 なぜ西洋は(一時的に)勝ったのか
  • 第7章 歴史記述上の結論と理論的含意

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リオリエント
著作者等 Frank, Andre Gunder
山下 範久
フランク アンドレ・グンダー
書名ヨミ リオリエント : アジア ジダイ ノ グローバル エコノミー
書名別名 ReOrient

アジア時代のグローバル・エコノミー

Rioriento
出版元 藤原書店
刊行年月 2000.5
ページ数 640p
大きさ 22cm
ISBN 4894341794
NCID BA46721070
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20070095
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想