万葉集と古代史

直木孝次郎 著

万葉集は、古代史の宝庫である。有間皇子・額田王・大伴家持など、白鳳・天平時代を代表する歌人たちの生き方や政治とのかかわりを追究。作者の心理まで立ち入り、日本書紀・続日本紀では窺えない歴史の一面を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 万葉歌成立期の人と歌(有間皇子の変と追悼の歌-政治批判の萌芽
  • 額田王の生きかた-通説を疑う)
  • 天武・持統朝の宮廷の人びと(悲運の人大津皇子-その没落の過程
  • 天智天皇の皇子と持統朝-川島皇子と志貴皇子の場合 ほか)
  • 奈良朝初期の政治と歌人(元明天皇と御名部皇女-皇位をめぐる姉妹の心のうち
  • 大宰府における大伴旅人-小野老を迎える宴を中心に ほか)
  • 政争の季節(心を通わせる元正太上天皇と橘諸兄-光明皇后と藤原氏を相手に
  • 大伴家持の悩み-政治と風雅の二つの道 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 万葉集と古代史
著作者等 直木 孝次郎
書名ヨミ マンヨウシュウ ト コダイシ
書名別名 Man'yoshu to kodaishi
シリーズ名 万葉集 94
歴史文化ライブラリー 94
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2000.6
ページ数 199p
大きさ 19cm
ISBN 4642054944
NCID BA46686275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20079200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想