妻たおれ夫オロオロ日記

藤子不二雄A 著

素雄さん、和代氏と呼び合うマンガ家夫妻。大晦日に夫人が台所で突然昏倒…、右脳内出血、左半身麻痺、そのうえ失語症に。まさに青天の霹靂。オロオロしながらも、夫人がことばをとり戻すまで、心血を注いだ著者の愛情溢れる看病日記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 1985年12月31日〜1986年5月19日
  • 第2章 1986年12月19日〜1987年3月26日
  • 第3章 1987年10月29日〜12月18日
  • 第4章 1987年12月19日〜1988年1月12日
  • 第5章 1995年9月27日〜12月31日

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 妻たおれ夫オロオロ日記
著作者等 藤子 不二雄A
書名ヨミ ツマ タオレ オット オロオロ ニッキ
書名別名 たのむよ和代氏、もう一度しゃべって
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論新社
刊行年月 2000.5
ページ数 287p
大きさ 16cm
ISBN 4122036496
NCID BA4668516X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20082157
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想