罪と罰のクロスロード

村井敏邦 著

「手続なければ、犯罪なく刑罰なし」-なぜか?英米法と大陸法の交錯-なにか?犯罪と刑罰をめぐるさまざまな交錯を具体例を使って解きほぐす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「犯罪」と「刑罰」-語源的な考証
  • 罪刑法定主義とデュー・プロセスの淵源-刑事法における大陸法と英米法(1)
  • マグナ・カルタと罪刑法定主義-刑事法における大陸法と英米法(2)
  • イギリス刑事手続のいろいろ(イングランドと北アイルランド
  • スコットランド)
  • ヨーロッパ刑事法の旅
  • 日本人留学生射殺事件に見るアメリカ刑法
  • ルイジアナ刑事法における英米法と大陸法
  • 銃器の使用と刑事法
  • 夫婦間の正当防衛について
  • 正当防衛の観念の相違〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 罪と罰のクロスロード
著作者等 村井 敏邦
書名ヨミ ツミ ト バツ ノ クロスロード
書名別名 Tsumi to batsu no kurosurodo
出版元 大蔵省印刷局
刊行年月 2000.3
ページ数 376p
大きさ 19cm
ISBN 4172751008
NCID BA46682558
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20050736
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想