音の生態学 : 音と人間のかかわり

岩宮眞一郎 著

ここ10年ぐらいの間に、「音」に対する関心が高まってきた。各地で、音環境デザインが試みられ、音名所や残したい音風景選定事業が行われている。音に関する環境教育に取り組むグループもある。「サウンドスケープ(音の風景)」という言葉も、知られるようになってきた。本書は、このような「音」を巡る様々な動向を、「音の生態学」という枠組みで総括したものである。「音の生態学」が対象とする「音」は、単なる空間の物理的な振動を指すのではない。「音の生態学」は、人間が聞いている音を対象とする。愛着を覚える音もあれば、忌み嫌う音もある。日常生活の中の音もあれば、記憶の中の音もある。文芸に表現された音もあれば、映像に組み合わされた音もある。自然の音、音楽、街にあふれる騒音、それらすべてが「音の生態学」の対象となる。そんな「音」を、体系的に論じるのが、本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 音の生態学・序章
  • 2 サウンドスケープ・デザイン
  • 3 音名所、残したい音風景、音環境モデル都市事業
  • 4 都市公園で聞く音
  • 5 歳時記に詠み込まれた日本の音風景
  • 6 外国人が聞いた日本の音風景
  • 7 しずけさ考
  • 8 音楽と映像のマルチモーダル・コミュニケーション
  • 9 音と景観の相互作用
  • 10 音の生態学・最終章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音の生態学 : 音と人間のかかわり
著作者等 岩宮 真一郎
書名ヨミ オト ノ セイタイガク : オト ト ニンゲン ノ カカワリ
書名別名 Oto no seitaigaku
シリーズ名 新コロナシリーズ 44
出版元 コロナ社
刊行年月 2000.6
ページ数 141p
大きさ 19cm
ISBN 4339076945
NCID BA46665854
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20065948
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想