日本文化の歴史

尾藤正英 著

日本人の日常生活に息づく伝統が解体しつつある今、私たちの自己認識はどこにたどり着こうとしているのか。人々の価値観や生活意識を示すものとしての宗教や思想を中心に歴史をたどり、国家や社会組織のあり方の変化に対応して、新しい時代の文化を主体的に形作ってきた日本社会の活力と、その固有のエートスを描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本文化の源流
  • 古代国家の形成と日本神話
  • 仏教の受容とその発展
  • 漢風文化から国風文化へ
  • 平安時代の仏教
  • 鎌倉仏教の成立
  • 内乱期の文化
  • 国民的宗教の成立
  • 近世国家の成立と歴史思想
  • 元禄文化
  • 儒学の日本的展開
  • 国学と洋学
  • 明治維新における公論尊重の理念
  • 近代日本における西洋化と伝統文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文化の歴史
著作者等 尾藤 正英
書名ヨミ ニホン ブンカ ノ レキシ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.5
ページ数 239p
大きさ 18cm
ISBN 400430668X
NCID BA46614977
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20074346
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想