民族の世界地図

21世紀研究会 著

チェチェン人は、なぜロシアに抵抗するのか。その原因は、ビザンチン帝国を復興させようとしたエカテリーナ女帝の「ギリシア計画」にあった。また、エジプトのサダト大統領は、なぜ1981年に暗殺されたのか。その謎を解く鍵は、イスラム暦に隠されていた。世界の民族の成立、行動様式を民族地図の中でとらえ直してみると、これまでとはまったく違う世界の姿が浮かびあがってきた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 民族のアイデンティティ
  • 第2章 民族と言語
  • 第3章 民族と宗教
  • 第4章 民族の移動
  • 第5章 先住民族、少数民族
  • 第6章 民族紛争
  • 第7章 中東・アラブとユダヤ
  • 第8章 生活にみられる民族観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民族の世界地図
著作者等 21世紀研究会
21世紀研究会 (2000年)
書名ヨミ ミンゾク ノ セカイ チズ
書名別名 Minzoku no sekai chizu
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2000.5
ページ数 294p
大きさ 18cm
ISBN 4166601024
NCID BA46612982
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20181705
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想