法と生命倫理20講

石原明 著

本書は、医療と法と生命倫理の問題に関心を持たれる一般の方がたに広く読んでいただくことを意図して著述している。したがって法律専門用語はほとんど用いず、できるだけ分かりやすくしかも可能な限り新しい動きをとらえて記述している。また法律学を専攻する学生諸君にとっては、本書は入門的な書物となるであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生命誕生の周辺における法と生命倫理(人工授精・体外受精の法律問題
  • 遺伝子技術の応用と人権
  • 刑法堕胎罪規定と母体保護法、妊娠中絶自由化是か非か ほか)
  • 第2部 生活の場における医療と法と生命倫理(人体実験・新薬の開発と臨床試験
  • 美容整形における事故と民事・刑事判例
  • 性転換手術はタブーか?性転換と戸籍性別の変更可能性 ほか)
  • 第3部 生命終息の周辺における法と生命倫理(エホバの証人と輸血拒否、被収容者のハンストと強制栄養補給
  • 臓器移植の法的論点
  • 脳死は人の死か?脳死移植と新臓器移植法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法と生命倫理20講
著作者等 石原 明
書名ヨミ ホウ ト セイメイ リンリ 20コウ
出版元 日本評論社
刊行年月 2000.4
版表示 第2版.
ページ数 212p
大きさ 19cm
ISBN 4535512418
NCID BA46582917
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20061484
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想