世紀末からの東南アジア : 錯綜する政治・経済秩序のゆくえ

添谷芳秀, 山本信人 編著

東南アジアの経済圏は、いまや北米、日本、東アジア、オーストラリアをも覆う大きな影響力を持つに至った-。21世紀の東南アジア像を多角的に展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ASEANと日米中-ASEAN地域フォーラムを中心に
  • 第2章 ASEAN安全保障協力における中国ファクター-ASEAN‐10へのインプリケーション
  • 第3章 アジア経済の成長性とその課題
  • 第4章 1990年代におけるオーストラリアの外交・国防政策の転換-ハワード保守系政権下の政策体系と東南アジアの豪州観
  • 第5章 国家開発戦略と華人ビジネス-マレーシアにおける「共生」関係の展開
  • 第6章 SIUPPの洪水-インドネシアの活字メディアをめぐる制度と秩序

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世紀末からの東南アジア : 錯綜する政治・経済秩序のゆくえ
著作者等 山本 信人
添谷 芳秀
竹田 いさみ
金子 芳樹
青木 健
高埜 健
書名ヨミ セイキマツ カラノ トウナン アジア : サクソウスル セイジ ケイザイ チツジョ ノ ユクエ
シリーズ名 慶應義塾大学地域研究センター叢書
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2000.4
ページ数 256p
大きさ 21cm
ISBN 4766408055
NCID BA46581164
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20061426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想