アメリカ法入門

伊藤正己, 木下毅 著

アメリカの「法制度」と「法文化」を総合的に描き出すことに留意して解説。第5版では、民事訴訟手続の部分を日米比較法的視座から大幅に補正し、巻末の連邦民事訴訟規則、連邦刑事訴訟規則および連邦証拠規則を法改正を反映させるとともに量的にも増補。「アメリカ法文献案内」を新たに加えるなど、アップツーデイトなものにした。

「BOOKデータベース」より

連邦制、判例法主義などの点で日本の法制度と大きく異なるため、初学者には理解しにくいアメリカ法を、できるだけ易しく解説した絶好の入門書。本書の特色は、アメリカの「法制度」と「法文化」を総合的に描き出すことに留意して解説されていること。第4版では、新たに「法源論」を加え、「陪審制度と訴訟手続」を統合し、「連邦制と州法」および「法律家の考え方」の後半部分を近時の動向を取り入れて書き改める等、アップ・トゥ・デイトなものにした。

「BOOKデータベース」より

連邦制、判例法主義などの点で日本の法制度と大きく異なるため、初学者には理解しにくいアメリカ法を、できるだけ易しく解説した絶好の入門書。第3版では、アメリカ法継受の動向、旧版以後の新法令、新判例等を付け加えるなどの改訂を施して、アップ・トゥー・デイトなものにした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アメリカ法研究の意味-序説に代えて
  • 2 アメリカ法の法系的地位
  • 3 アメリカ法の形成
  • 4 アメリカ法の法文化的背景
  • 5 法源論
  • 6 判例法主義
  • 7 司法権の優越
  • 8 陪審制度と訴訟手続
  • 9 連邦法と州法
  • 10 法律家
  • 11 法律家の考え方
  • 12 アメリカ法研究の方法

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アメリカ法研究の意味-序説に代えて
  • アメリカ法の法系的地位
  • アメリカ法の形成
  • アメリカ法の法文化的背景
  • 法源論
  • 判例法主義
  • 司法権の優越
  • 陪審制度と訴訟手続
  • 連邦法と州法
  • 法律家
  • 法律家の考え方
  • アメリカ法研究の方法

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アメリカ法研究の意味-序説に代えて
  • 2 アメリカ法の法系的地位
  • 3 アメリカ法の形成
  • 4 アメリカ法の法文化的背景
  • 5 判例法主義
  • 6 連邦法と州法
  • 7 司法権の優越
  • 8 陪審制度
  • 9 当事者主義的訴訟手続
  • 10 法律家
  • 11 法律家の考え方
  • 12 アメリカ法研究の方法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ法入門
著作者等 伊藤 正己
木下 毅
書名ヨミ アメリカホウ ニュウモン
シリーズ名 Basic university library
出版元 日本評論社
刊行年月 1984.6
版表示 新版.
ページ数 276p
大きさ 19cm
ISBN 453501034X
NCID BA46577804
BA88315305
BB08278340
BN00455119
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
85002918
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想