子どもの福祉

松本峰雄 編著

人間は、生まれたときはまったくの裸ですが、それが、いろいろな関係が結ばれるなかで、それぞれにつながる能力を身につけ、成長・発達していくわけです。この過程で身につけたものが、一般的に"個性"(Personality)といわれているものです。したがって人間は、一人ひとりがいろいろな関係により、それぞれの個性をもっているわけですが、残念ながら日本の社会は、「赤信号、皆で渡れば怖くない」の意識が強いため、多くの子どもたちは、この個性が尊重されない社会で生きています。真の児童の福祉とは、子どもの個性尊重=人権尊重を認めることから始めねばならないと思いますが、日本では、"人権"の真の意味が理解されていない節があります。本書は、このような日本の子どもが置かれている社会状況を正しく理解し、どのようにすることが必要かを、学生諸君と共に考えていこうとする姿勢を中心に述べています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 子どもの福祉とは
  • 第2章 子どもの成長の諸条件
  • 第3章 現代社会と子どもの病理
  • 第4章 子どもの福祉の歴史
  • 第5章 子どもの福祉の法体系
  • 第6章 子どもの福祉の行政機関
  • 第7章 子どもの福祉施設と子どもの福祉に従事する人々
  • 第8章 子どもの福祉の財政
  • 第9章 子どもの福祉の諸活動
  • 第10章 子どもにふさわしい文化と社会環境を
  • 第11章 地球の未来と子どもたちの将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの福祉
著作者等 松本 峰雄
大島 道子
宮崎 正人
岩田 泉
日高 沙千江
書名ヨミ コドモ ノ フクシ
出版元 建帛社
刊行年月 2000.4
ページ数 179p
大きさ 21cm
ISBN 4767933137
NCID BA46576619
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20150911
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想