交錯する文明 : 東地中海の真珠キプロス

篠田節子 文 ; 鴨志田孝一 写真

"天国のはじっこ"の異名を持つ美しすぎる島キプロス。東地中海の真珠が織りなす光と影、コバルトブルーの空と海に魅せられた著者が、肌で感じた等身大のキプロスを語る。キプロス迷走記他、読んで楽しい見て嬉しい、著者初めての紀行本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 キプロスというところ(交錯する文明-ニコシアの混沌
  • 裏表の自然-中東から山梨へ
  • ワインフェスティバル-収穫祭の酩酊とカメラマンの憂鬱)
  • 第2部 天国のはじっこキプロス-15枚の写真から(キプロスの風景
  • 覗ける壁
  • アポロンの神殿
  • キッコー修道院 ほか)
  • 第3部 キプロス迷走記
  • 第4部 弾けて北へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 交錯する文明 : 東地中海の真珠キプロス
著作者等 篠田 節子
鴨志田 孝一
書名ヨミ コウサクスル ブンメイ : ヒガシチチュウカイ ノ シンジュ キプロス
出版元 中央公論新社
刊行年月 2000.2
ページ数 174p
大きさ 20cm
ISBN 4120029719
NCID BA46568100
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20056939
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想