治療に同意する能力を測定する : 医療・看護・介護・福祉のためのガイドライン

トマス・グリッソ, ポール・S.アッペルボーム 著 ; 北村總子, 北村俊則 訳

これまで患者の判断能力の判定を迫られて、当惑をしていた現場の医師たちに拠りどころを与えることを目的としている。同僚や研修生に、患者の意思決定能力評価について教える際、非常に有益であろうと思われる情報を集約した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 判断能力はなぜ重要なのか-インフォームド・コンセントの法理
  • 第2章 判断能力について考えてみよう
  • 第3章 判断能力を構成する要素はなんだろう
  • 第4章 治療同意判断能力はいつ評価するのだろう
  • 第5章 治療同意判断能力を評価してみよう
  • 第6章 MacArthur Competence Assessment Tool‐Treatment(MacCAT‐T)を使ってみよう
  • 第7章 判断能力の有無を判定してみよう
  • 第8章 判断能力がないときは代行意思決定をしよう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 治療に同意する能力を測定する : 医療・看護・介護・福祉のためのガイドライン
著作者等 Appelbaum, Paul S
Grisso, Thomas
北村 俊則
北村 總子
アッペルボーム ポール・S.
北村 総子
グリッソ トマス
書名ヨミ チリョウ ニ ドウイスル ノウリョク オ ソクテイスル : イリョウ カンゴ カイゴ フクシ ノ タメノ ガイドライン
書名別名 Assessing competence to consent to treatment

Chiryo ni doisuru noryoku o sokuteisuru
出版元 日本評論社
刊行年月 2000.4
ページ数 208p
大きさ 21cm
ISBN 453598171X
NCID BA46568064
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20061421
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想