国際私法

櫻田嘉章 著

この度の成年後見に関する民法改正に伴う法例の字句の修正が、この度の本書改訂の直接の動機であるが、ドイツと比べると国際私法の改正は中途半端に終わっているという感は否めない。法例の改正は、国内実質法の改正を形の上でそのまま持ち込んだだけであり、法改正本来の趣旨を生かしたものであるとも思われない。そういう訳だけでもないのであるが、本書の改訂も当面必要なやむを得ない範囲に限られ、中途半端に終わっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(国際私法の必要性
  • 国際私法の基本的概念
  • 国際私法の法的性質と機能 ほか)
  • 総論(法律関係の性質決定
  • 連結点の確定
  • 準拠法の指定 ほか)
  • 各論(自然人
  • 法人
  • 法律行為 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際私法
著作者等 桜田 嘉章
桜田 嘉章
書名ヨミ コクサイ シホウ
書名別名 Kokusai shiho
シリーズ名 有斐閣Sシリーズ
出版元 有斐閣
刊行年月 2000.4
版表示 第3版.
ページ数 321.11p
大きさ 19cm
ISBN 4641059888
NCID BA46562964
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20066342
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想