薬 : 科学随筆

伊沢凡人 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 / 1
  • 東亞共榮圈に寄する藥學の道 / 1
  • 西洋かぶれを打破する藥學の道 / 2
  • 代用藥研究の歴史を尋ねて / 13
  • 瘴氣の藥史 / 33
  • 藥からみた「南」の共榮圈 / 44
  • 大陸支那の藥 / 57
  • 藥の考古學 / 81
  • 神農樣 / 82
  • 毒にも藥にもならない藥について / 89
  • 屠蘇隨筆 / 91
  • 箆麻子油 / 96
  • 藥になる粘土 / 98
  • 藥になる月經 / 100
  • 藥になる煉瓦 / 102
  • 藥の考現學 / 105
  • クレオパトラの死 / 106
  • 藥でない藥 / 108
  • 藥品の値段 / 112
  • 藥品と廣告 / 114
  • 代用藥 / 115
  • ズルフォン・アミド / 117
  • 刺戟と興奮と藥學 / 119
  • 化學的と藥物學的 / 122
  • 鎭咳兼袪痰藥 / 126
  • 黒燒1 / 128
  • 黒燒2 / 129
  • 黒燒3 / 130
  • 黒燒4 / 131
  • 寒天と細菌學 / 135
  • ビールかす / 137
  • 肝油 / 138
  • マラリアに「コシバ湯」 / 140
  • マラリアにいい「八味丸」 / 143
  • お屠蘇中毒 / 145
  • オットセイ條約が廢棄されて / 148
  • 蟇の油を科學する / 150
  • 六神丸の成分 / 152
  • アスピリン / 155
  • アンチピリンとアミノピリン / 160
  • アンチヘブリン / 163
  • フェナセチン / 165
  • ズルファミン / 169
  • 葛根湯の藥理學 / 174
  • 水蛭の科學 / 180
  • 蚯蚓の科學 / 183
  • 松脂の藥學 / 185
  • 柿の蔕を藥學する / 187
  • 硫黄(S)の科學 / 189
  • ヘルゴランドの藥 / 204
  • 蚤取粉や蚊取線香の成分 / 210
  • 三つの映畫 / 213
  • 藥の民俗學 / 229
  • 農村 / 230
  • 胃癌の妙藥 / 233
  • 藥草美容術 / 238
  • 話題の不老回春劑 / 241
  • シムプソン、ヒトラア、ズルファミン / 248
  • 藥草の魅力 / 251
  • 粉ミルク / 254
  • 長命丸と稱する短命丸 / 258
  • トリノアシ / 260
  • 藁のやうな藥 / 262
  • 毒ガスのなる木 / 265
  • サクラと松の木 / 267
  • 五加皮 / 270
  • 軍國世間咄 / 275
  • 藥の卷 / 276
  • 阿片の卷 / 284

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 薬 : 科学随筆
著作者等 伊沢 凡人
書名ヨミ クスリ : カガク ズイヒツ
書名別名 Kusuri
出版元 葛城書店
刊行年月 昭和17
ページ数 292p
大きさ 19cm
NCID BA46555051
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46036650
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想