<私>の思想家宮沢賢治 : 『春と修羅』の心理学

岩川直樹 著

心象スケッチ『春と修羅』という行為において、賢治のめざしたものは…。そこで鍛え上げた「私」の思想とは?賢治とセザンヌ、メルロ=ポンティの探求の同型性とは?「私」という謎を宮沢賢治と共に旅する知の冒険。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『春と修羅』の心理学-「四次元時空内存在」としての「わたくしといふ現象」
  • 第2章 「けしき(気色・景色)」の心理学
  • 第3章 光のエクリチュール
  • 第4章 二人の探求者-セザンヌと賢治
  • 第5章 メルロ=ポンティの「現象学」と宮沢賢治の「心理学」
  • 補論 賢治と対話する「私」たちのいま

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 <私>の思想家宮沢賢治 : 『春と修羅』の心理学
著作者等 岩川 直樹
書名ヨミ ワタクシ ノ シソウカ ミヤザワ ケンジ : ハル ト シュラ ノ シンリガク
出版元 花伝社 : 共栄書房
刊行年月 2000.4
ページ数 219p
大きさ 20cm
ISBN 4763403540
NCID BA46538096
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20065635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想