文明の衝突から対話へ

山内昌之 著

チェチェン紛争をこれほどに破壊的なものにさせた要因とは何か、西欧が脅威視する「イスラーム原理主義」とは何なのか、移民・難民がもたらす摩擦に各国はどう対応してきたのか…。現在も絶えることのない紛争と衝突の深層を歴史の文脈から読み解き、文明の衝突から対話へという遠大なテーマを解く糸口を照らし出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 終わりなき紛争-チェチェンとロシア
  • 第2章 ロシアとチェチェン戦争-カフカースと中央アジアのイスラーム・ネットワーク
  • 第3章 爛熟した文明の隙間で-オウム真理教の終末論
  • 第4章 終わりの始まり-イスラーム原理主義の挑戦
  • 第5章 "白い海"の終末論-帝国とコスモポリタニズムの終焉
  • 第6章 日本において民族とは-アイヌ新法考
  • 第7章 新たなる民族関係へ-移民と難民のナショナリズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明の衝突から対話へ
著作者等 山内 昌之
書名ヨミ ブンメイ ノ ショウトツ カラ タイワ エ
書名別名 Bunmei no shototsu kara taiwa e
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.5
ページ数 296p
大きさ 15cm
ISBN 4006000189
NCID BA4653373X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20074426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想