列伝・日本近代史 : 伊達宗城から岸信介まで

楠精一郎 著

幕末から昭和まで、13の人の環(わ)でつなぐ日本の百年。テロリストで放火犯だった初代総理大臣、酒に酔って天皇をトイレに誤導した高級官僚など、エピソードも満載。教科書対応の索引、年表付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 西洋の衝撃
  • 第1章 伊予宇和島の開明藩主・伊達宗城-幕藩体制の崩壊
  • 第2章 英国公使を救った外交官・中井弘-開国和親揺籃期
  • 第3章 明治憲法生みの親・伊藤博文-明治立憲制の形成
  • 第4章 元民権派の藩閥官僚・小松原英太郎-政府批判勢力の出現
  • 第5章 蹉跌の「民衆政治家」・大隈重信-議会政治の展開
  • 第6章 懲戒免官となった検事総長・横田国臣-司法の近代化
  • 第7章 漸進主義者の「平民宰相」・原敬-政党内閣の成立
  • 第8章 零落のエリート官僚・古賀廉造-植民地経営と政治腐敗
  • 第9章 有為転変「憲政の神様」・犬養毅-政党政治の興亡
  • 第10章 親軍派政治家の先駆・森恪-軍部独裁への予兆
  • 第11章 「革新論者」の貴族政治家・近衛文磨-日米戦争への道
  • 第12章 戦争回避に奔走した国家主義者・大川周明-日米戦争の開戦
  • 第13章 復活した「革新官僚」・岸信介-帝国の崩壊と「復活」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 列伝・日本近代史 : 伊達宗城から岸信介まで
著作者等 楠 精一郎
書名ヨミ レツデン ニホン キンダイシ : ダテ ムネナリ カラ キシ ノブスケ マデ
シリーズ名 朝日選書 652
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2000.5
ページ数 307, 17p
大きさ 19cm
ISBN 4022597526
NCID BA46477923
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20067344
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想