ウィーン創世記 : 絵で読む聖書の物語

カルル・クラウスベルク 著 ; 加藤哲弘 訳

ウィーン国立図書館に所蔵されることから『ウィーン創世記』と呼ばれる、旧約聖書「創世記」を描いた写本は、紀元後6世紀ころに制作された、現存する数少ない挿絵冊子本の一つである。ここには、同じ一人の人物がなんどもくりかえし一つの場面のなかに登場するという奇妙な描き方が用いられている。この描写は、美術研究者たちを悩ませると同時に、発想の源にもなってきた。絵を見ることのプロである彼らは、この絵による物語の描写をいかに読み、位置づけてきたのか。そのながれをたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 「絵を読むこと」のむずかしさについて
  • 第1章 モデルケース-古代の奇妙な橋の上で展開される、動きにみちた聖書の場面
  • 第2章 さまざまな視点-見ることの専門家たちと「ものの見方の歴史」
  • 第3章 時間のとらえ方-意識の流れにそって続く岸辺の光景と「連続する様式」
  • 第4章 境界を越えること-「絵で読む文学」における継起的なものの共存
  • 第5章 像を思い浮かべる能力-受動的な網膜印象から能動的な像の思考へ
  • 第6章 画面を分解すること-切の抜きと合体 イコノグラフィーによるコラージュの解体
  • 第7章 全体をふりかえって-感度を高めた「美術史学」の可能性と目標

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウィーン創世記 : 絵で読む聖書の物語
著作者等 Clausberg, Karl
加藤 哲弘
クラウスベルク カルル
書名ヨミ ウィーン ソウセイキ : エ デ ヨム セイショ ノ モノガタリ
書名別名 Die Wiener Genesis

Uin soseiki
シリーズ名 作品とコンテクストseries
出版元 三元社
刊行年月 2000.3
ページ数 152p
大きさ 19cm
ISBN 4883030504
NCID BA46476942
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20386379
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想