「原発ごみ」はどこへ

徳山明 ほか共著

原子力発電所が出す強い放射能を帯びたごみの後始末はどうする?便利なところだけをつまみ食いして、やっかいなものは他人任せで知らん顔。そんなご都合主義が許されないことは、原子力発電の世界に限ったことではない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 高レベル放射性廃棄物とは(再処理をなぜ選択するのか
  • 放射能で発電 ほか)
  • 後始末の条件(原子力防災の確立を
  • 誰もが求める安全な後始末 ほか)
  • 地層処分とは(地層処分の大義名分は何か
  • 地層処分の信頼性-安定した地下環境 ほか)
  • 私の意見(とんだことになった放射性廃棄物の処分問題
  • 思い上がりが煽る不信感 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「原発ごみ」はどこへ
著作者等 吉村 秀實
帆足 養右
徳山 明
鳥井 弘之
吉村 秀実
書名ヨミ ゲンパツ ゴミ ワ ドコエ
書名別名 Genpatsu gomi wa dokoe
出版元 電力新報社
刊行年月 2000.4
ページ数 218p
大きさ 19cm
ISBN 4885552516
NCID BA46475043
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20063549
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想