古筆切研究  第1集

小林強, 高城弘一 共著

古筆切は従来、王朝期の歌切を中心として、書道の上からは書美が、また国文学の上からは作品の本文研究が注目されてきた。近年は、古筆切は古写本の断簡という性質上、王朝期のものにとどまらず、中世の古筆切も、国文学者による研究が急速に進められている。本書は、古筆切(色紙、短冊をも含む)50点についての研究報告である。表題に続けて、極札の図版を掲げ、以下、項目にわけて基礎的な情報を列挙した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 勅撰集
  • 私家集
  • 私撰集
  • 和漢朗詠集・新撰期詠集
  • その他の和歌
  • 連歌・連歌論書
  • 物語・物語注釈書
  • 仏書・経切
  • その他

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古筆切研究
著作者等 小林 強
高城 弘一
書名ヨミ コヒツギレ ケンキュウ
書名別名 Kohitsugire kenkyu
巻冊次 第1集
出版元 思文閣
刊行年月 2000.4
ページ数 278, 5p
大きさ 21cm
ISBN 4784210407
NCID BA46472861
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20065509
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想