レイプ・踏みにじられた意思

S.ブラウンミラー 著 ; 幾島幸子 訳

レイプは、単なる性的犯罪ではない。女性を支配するための卑劣な威嚇である。家庭で、組織で、紛争地域で、なぜレイプは存在し続けるのか?古代から現代まで、繰り返される歴史を徹底的に分析し、これまで造られてきたあらゆるレイプ観をくつがえしたフェミニズムの原典。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 レイプの集団心理学-序にかえて
  • 2 はじめに法ありき
  • 3 戦争とレイプ
  • 4 権力-制度と権威
  • 5 強姦者=英雄という神話
  • 6 レイプの被害者たち
  • 7 女たちの反撃

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レイプ・踏みにじられた意思
著作者等 Brownmiller, Susan
幾島 幸子
ブラウンミラー スーザン
書名ヨミ レイプ フミニジラレタ イシ
書名別名 Against our will. (抄訳)

Reipu fuminijirareta ishi
出版元 勁草書房
刊行年月 2000.3
ページ数 376, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4326652306
NCID BA46472373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20063591
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想