日本の文學史

保田與重郎 著

「私は日本の美術史をかきすすんで、近古近世に及んだ時、わが執心の本意をいふのに、文学史でなければならぬと感じたのである。」と「序説」に誌される通り、昭和47年5月に刊行された本書は、『日本の美術史』の筆を擱いてから、1年半後の昭和44年初夏に稿を起している。保田の生涯にわたる文業が、畢竟するところ日本文芸の源流と血統を顕彰し、讃仰感謝することにあったとすれば、即ち本書はその総仕上げと称しうる著作である。西欧文芸学とは無縁の筆致をもって、文芸の恢弘と伝承に殉じた文人たちを敬慕しつつ、古人を懐しみ古心に立ち返ろうとした本書は、通常の文学史とは根底から異った述志と祈念の書というべきであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序説
  • 神話
  • 神詠
  • 日本武尊
  • 神を祭る文学
  • 万葉集の濫觴
  • 万葉集の成立
  • 都うつり
  • 勅撰和歌集
  • 日記と物語
  • 文学の道〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の文學史
著作者等 保田 与重郎
書名ヨミ ニホン ノ ブンガクシ
書名別名 Nihon no bungakushi
シリーズ名 保田與重郎文庫 / 保田與重郎 著 20
出版元 新学社
刊行年月 2000.4
ページ数 429p
大きさ 16cm
ISBN 4786800414
NCID BA46471632
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20134733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想