憲法改革の論点 : 21世紀の憲法構想

加藤孔昭 編著

憲法を考え、そして論じる時代になった。国の基本法である憲法を考えることは、国の在り方を考えることである、と思う。21世紀に新しい憲法ができるとしたら、それは新しい日本ができるということだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 内閣総理大臣のリーダーシップを考える
  • 二院制を考える-参院改革を中心に
  • 憲法に政党条項の導入を-連立政権時代の政党の役割
  • 憲法裁判所は必要か
  • 陪審制と参審制
  • 地方自治の本質とは何か
  • 皇位継承ルール見直しを

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法改革の論点 : 21世紀の憲法構想
著作者等 加藤 孔昭
書名ヨミ ケンポウ カイカク ノ ロンテン : 21セイキ ノ ケンポウ コウソウ
出版元 信山社
刊行年月 2000.3
ページ数 262p
大きさ 19cm
ISBN 4797221674
NCID BA46466359
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20158123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想