オーストリア史

エーリヒ・ツェルナー 著 ; リンツビヒラ裕美 訳

ハプスブルク家の隆盛に伴う領土の拡大、文化・社会の多様化-"天国と地獄"を経験した中欧の小国オーストリアの歩み。先史時代から1988年まで、総合的な通史の名著、遂に完訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 地理的背景
  • 第1章 先史時代
  • 第2章 ローマ時代のオーストリア(紀元前一五年‐五世紀末まで)
  • 第3章 バイエルン部族公領とフランク王国の辺境領(六‐一〇世紀)
  • 第4章 バーベンベルク家とオーストリア諸領邦の形成(九七六年‐一二四六年)
  • 第5章 中世後期(一二四六年‐一五二六年)とハプスブルク家による「オーストリア支配」
  • 第6章 宗教改革と反宗教改革(一五二六年‐一六四八年)
  • 第7章 大国オーストリアへの躍進(一六四八年‐一七四〇年)
  • 第8章 改革・反動・革命(一七四〇年‐一八四八年)
  • 第9章 フランツ・ヨーゼフ時代と帝国の終焉(一八四八年‐一九一八年)
  • 第10章 第一共和国から第二共和国への七〇年間(一九一八年‐一九八八年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オーストリア史
著作者等 Linzbichler, Hiromi
Zöllner, Erich
Z¨ollner Erich
リンツビヒラ 裕美
ツェルナー エーリヒ
書名ヨミ オーストリアシ
書名別名 Geschichte Österreichs. (8. Aufl.)

Osutoriashi
出版元 彩流社
刊行年月 2000.5
ページ数 710, 153p
大きさ 22cm
ISBN 4882025809
NCID BA46464171
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20065701
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想