連合軍専用列車の時代 : 占領下の鉄道史探索

河原匡喜 著

戦後の混乱の中で、精一杯に生き、あの妖しく輝く連合軍専用列車をとおして、復興の足掛かりを築いた鉄道マンたちの、ひたむきな姿を描くと同時に、今まで語られることのなかった占領下の日本の鉄道を描いた感動の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 専用列車が走った日
  • 第2章 マーク・ゲイン『ニッポン日記』を追って
  • 第3章 第三鉄道輸送司令部
  • 第4章 専用食堂車に乗務した日
  • 第5章 東北の白象「陸奥市川駅」
  • 第6章 東海道貨物線の軌跡
  • 第7章 第八軍司令官専用列車
  • 第8章 二人の軍司令官

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 連合軍専用列車の時代 : 占領下の鉄道史探索
著作者等 河原 匡喜
書名ヨミ レンゴウグン センヨウ レッシャ ノ ジダイ : センリョウカ ノ テツドウシ タンサク
書名別名 Rengogun sen'yo ressha no jidai
出版元 光人社
刊行年月 2000.5
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 4769809549
NCID BA46461413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20059039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想