森鴎外不遇への共感

平岡敏夫 著

鴎外は冷たいか?その"不遇への共感"に注目しつつ、新たな鴎外文学の受容をめざす。『石川啄木論』『漱石-ある佐幕派子女の物語』と、ゆるぎのない成果を示してきた著者平岡敏夫がここに初めて年来の鴎外論集を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 不遇への共感(不遇への共感-新たな鴎外受容のために
  • 鴎外と青年-石川啄木・羽鳥千尋 ほか)
  • 2 「舞姫」成立前後(「舞姫」成立前後
  • 「舞姫」と『燕山外史』-才子佳人の奇遇を中心として ほか)
  • 3 小説と史伝(「半日」の方法-日露戦後文学における家・家庭
  • 「雁」-青年像の周辺 ほか)
  • 4 鴎外における官僚の問題(鴎外における官僚の問題
  • 鴎外と陸軍軍医総監その他 ほか)
  • 5 鴎外と住まい-湯殿と書斎(嫁姑"攻防"の湯殿-「半日」の家庭
  • 銭湯と内風呂の差-「半日」「行人」「家」 ほか)
  • 4 鴎外研究(小堀桂一郎『西学東漸の門 森鴎外研究』
  • 三好行雄『鴎外と漱石 明治のエートス』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森鴎外不遇への共感
著作者等 平岡 敏夫
書名ヨミ モリ オウガイ フグウ エノ キョウカン
出版元 おうふう
刊行年月 2000.4
ページ数 303p
大きさ 22cm
ISBN 4273031213
NCID BA46448302
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20150997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想