開発とグローバリゼーション

土生長穂 編

冷戦後の世界はどう変わったのか、新自由主義的開発論は発展途上国に何をもたらしたか、21世紀を切りひらく開発の道とは-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 開発とグローバリゼーション(開発と国際金融-IMF・世界銀行の「構造改革機能」と発展途上諸国
  • 開発と貿易-WTOと発展途上諸国
  • 環境と開発-「サステナブル・ディベロップメント」を超えて
  • 開発とジェンダー-開発主義を乗り越えて
  • 開発と人権 ほか)
  • 第2部 21世紀世界の開発(IMF管理下の韓国経済改革
  • 韓国の都市形成と住民自治-民主化過程における地域主義と住民自治の相克
  • 台湾の開発と福祉
  • ベトナムのコミューン開発と環境-植林・植樹活動と国際NGOの開発協力
  • ASEANの開発-「成功」の投げかける問い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 開発とグローバリゼーション
著作者等 土生 長穂
書名ヨミ カイハツ ト グローバリゼーション
出版元 柏書房
刊行年月 2000.4
ページ数 398p
大きさ 22cm
ISBN 4760118934
NCID BA46443615
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20061200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想