なぜ公立高校はダメになったのか : 教育崩壊の真実

小川洋 著

ドイツは高度成長期に1850万人の外国人労働者を受け入れ、いま様々な局面でその後遺症に悩まされている。日本では戦後復興から高度成長にかけて、3大都市圏に2500万人の人間が流れ込んだ。その人々がやがて"郊外"へと移り住む…。教育の荒れ、公立高校の凋落、偏差値追放、あらゆる問題の根はこの"人口大移動"に胚胎されていた。-鮮やかな切り口で高校教育迷走の正体を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 公立高校の凋落
  • 第1章 "二つの階層"の出現
  • 第2章 学校の"荒れ"と大学進学率の停滞
  • 第3章 公立高校、急増設の波紋
  • 第4章 公私逆転の真相
  • 第5章 的はずれの業者テスト廃止問題
  • 第6章 突き進む市場主義的改革
  • 終章 「高校入試全廃」の提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ公立高校はダメになったのか : 教育崩壊の真実
著作者等 小川 洋
書名ヨミ ナゼ コウリツ コウコウ ワ ダメ ニ ナッタノカ : キョウイク ホウカイ ノ シンジツ
書名別名 Naze koritsu koko wa dame ni nattanoka
出版元 亜紀書房
刊行年月 2000.4
ページ数 231p
大きさ 20cm
ISBN 4750599034
NCID BA46440967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20150837
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想