新幹線をつくった男 : 島秀雄物語

高橋団吉 著

鉄道史上に残る大傑作「デゴイチ」と「新幹線」。驀進する黒い鋼鉄と軽やかに滑る流線型ボディ、漆黒の重量感とホワイト&ブルーのスピード感、過去と未来、戦前と戦後、何もかもが正反対の2つの乗り物を、計画し、設計し、実現させた男がいた。今世紀日本が生んだ最大のエンジニア・島秀雄である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • デゴイチとは何か
  • 世界旅行
  • 国産標準自動車
  • 弾丸列車
  • 復興期
  • 高速台車振動研究会
  • 湘南電車
  • さらば、国鉄
  • 父・安次郎
  • 十河信二〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新幹線をつくった男 : 島秀雄物語
著作者等 高橋 団吉
書名ヨミ シンカンセン オ ツクッタ オトコ : シマ ヒデオ モノガタリ
シリーズ名 Lapita books
出版元 小学館
刊行年月 2000.5
ページ数 287p
大きさ 22cm
ISBN 4093410313
NCID BA46438397
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20059036
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想