水と生命 : 熱力学から生理学へ

永山國昭 編

本書では、生体分子と水との相互作用の中にある水の第2の神秘を(化学)熱力学をベースに定量的に明らかにする。その上でその神秘が個々の具体的生理作用とどうかかわり、どう活かされているかを明らかにした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 水から始まる生理機能の熱力学
  • 第1章 水和エネルギー(水和・溶媒和と表面積-その基礎をめぐる混乱と論争
  • 水和の熱力学
  • イオンと水)
  • 第2章 生体分子と溶媒和(タンパク質の選択的溶媒和
  • 生体膜の溶媒和
  • タンパク質の熱力学的状態数)
  • 第3章 水と生理(水和と筋収縮
  • 細胞の容積調節
  • 表皮角層水分保持機能)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水と生命 : 熱力学から生理学へ
著作者等 永山 国昭
シリーズニューバイオフィジックス刊行委員会
日本生物物理学会
書名ヨミ ミズ ト セイメイ : ネツリキガク カラ セイリガク エ
書名別名 Mizu to seimei
シリーズ名 シリーズ・ニューバイオフィジックス / 日本生物物理学会/シリーズ・ニューバイオフィジックス刊行委員会 編 2-2
出版元 共立
刊行年月 2000.5
ページ数 173p
大きさ 22cm
ISBN 4320055411
NCID BA46428021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20061424
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想