概説日本服飾史

小池三枝, 野口ひろみ, 吉村佳子 編著

本書は、既刊の『日本服飾史』(今は亡き谷田閲次との共著、光生館発行)の簡約版としてまとめたものです。このたび良き協力者を得てまとめることができました。簡約版とはいうものの、図版をかなり変え、時代を現代まで下げて述べてあり、共著者の個性も出ています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 魏志倭人伝と埴輪の服飾-弥生時代から古墳時代
  • 2章 服制のはじまり-飛鳥時代から奈良時代
  • 3章 唐風から和様へ-平安時代
  • 4章 武家服飾の確立-鎌倉時代から安土桃山時代
  • 5章 小袖の開花-江戸時代
  • 6章 洋服の浸透と和装の変化-明治・大正・昭和初期
  • 7章 世界のモードの中で-第二次大戦前後から現代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 概説日本服飾史
著作者等 吉村 佳子
小池 三枝
野口 ひろみ
書名ヨミ ガイセツ ニホン フクショクシ
書名別名 Gaisetsu nihon fukushokushi
出版元 光生館
刊行年月 2000.3
ページ数 143p
大きさ 21cm
ISBN 4332100441
NCID BA46421747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20148174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想