古代日本の文字世界

平川南 編

卑弥呼の時代から万葉集まで、考古学・古代史・国語学・国文学の第一人者が一堂に会し、古代の文字世界を再現!1998年11月に開催されたシンポジウムの記録を大幅に増補。用語には丁寧な脚注をほどこし、各学問の最新の研究成果をわかりやすく示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本人と文字との出会い(日本に文字が来たころ-出土文字が語る古代
  • 木簡から万葉集へ-日本語を書くために)
  • 2 シンポジウム・古代日本の文字世界(文字のはじまり
  • 古代の政治と文字
  • 古代日本語と文字
  • 文書行政と口頭伝達
  • 古代日本における文字の習熟度
  • 漢字文化圏の中の日本)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代日本の文字世界
著作者等 和田 萃
平川 南
水野 正好
犬飼 隆
稲岡 耕二
書名ヨミ コダイ ニホン ノ モンジ セカイ
出版元 大修館書店
刊行年月 2000.4
ページ数 216p
大きさ 22cm
ISBN 4469232106
NCID BA46402709
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20073034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想