考える「もの」たち : MITメディア・ラボが描く未来

ニール・ガーシェンフェルド 著 ; 中俣真知子 訳

いま、MITの産学協同の研究機関「メディア・ラボ」では、考えるものたちが続々誕生している。なぜ「もの」は考えるべきなのか?それはわたしたちの生活をどのように変えるのか?メディア・ラボにおける一大プロジェクト「考えるものたち」(Things That Think)の全貌がここに。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 デジタル進化
  • 第1章 考える「もの」とは何か?(ビットと本
  • デジタル表現
  • ウエアをどこで装着するか? ほか)
  • 第2章 なぜ「もの」は考えるべきなのか?(権利と責任
  • 悪い言葉
  • ビット信仰 ほか)
  • 第3章 考える「もの」たちをいかに発展させていくか?(コンピューテーションの性質
  • 発見のビジネス
  • 情報と教育 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 考える「もの」たち : MITメディア・ラボが描く未来
著作者等 Gershenfeld, Neil A
中俣 真知子
Gershenfeld Neil
ガーシェンフェルド ニール
書名ヨミ カンガエル モノタチ : MIT メディア ラボ ガ エガク ミライ
書名別名 When things start to think

Kangaeru monotachi
出版元 毎日新聞社
刊行年月 2000.3
ページ数 249p
大きさ 20cm
ISBN 4620314218
NCID BA46384196
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20054710
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想