現代労務管理の国際比較

奥林康司, 今井斉, 風間信隆 編著

本書は、主要各国における人事労務管理制度の実態を明らかにし、その国における企業の労務管理を具体的なデータをもとに検討・分析する。各国の主要企業において、ジャパナイゼーションはいったい、どのような点が評価され、機能しているのか?企業を取り巻く社会経済システムまでも含めて検証し、制度の共通点・相違点を析出、新たな動向を探求する。日本的労務管理の現状とこれからを把握するために最適の一書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 国際比較の視点と日本的労務管理-何をなぜ比較するか
  • 第1章 アメリカの人事労務管理-雇用の柔軟化とジャパナイゼーションの進展
  • 第2章 イギリスの人事労務管理-伝統から革新への歩み
  • 第3章 ドイツの人事労務管理-「メード・イン・ジャーマニィ」の社会的基盤
  • 第4章 スウェーデンの人事労務管理-集権化から分権化へ
  • 第5章 中国の人事労務管理-その背景、特徴と未来展望を中心に
  • 第6章 台湾の人事労務管理-柔軟性を求めて
  • 第7章 韓国企業の人事労務管理-制度上の特徴を中心として
  • 終章 日本的労務管理の普遍性と特殊性-収斂か多様性か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代労務管理の国際比較
著作者等 今井 斉
奥林 康司
風間 信隆
書名ヨミ ゲンダイ ロウム カンリ ノ コクサイ ヒカク
シリーズ名 叢書現代経営学 11
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2000.4
ページ数 193p
大きさ 22cm
ISBN 4623031365
NCID BA46381664
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20063474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想