歴史としての生命 : 自己・非自己循環理論の構築

村瀬雅俊 著

本書では、"自己・非自己循環原理"を基盤として、"自己・非自己循環理論"を構成する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 "物質の科学"から"生命の科学"へ
  • 第1部 生物と生物学における"完全なる"不完全性(基盤を失った現代生命科学-遺伝子中心主義の破綻
  • 生と死のはざまに在る生命のはじまり-受精・発生過程にみる"自己"と"非自己"の対立的共存
  • 19世紀の生物学におけるパラダイムの転換-ダーウィンの"自然選択説"とパストゥールの"自然発生説の否定"
  • 自然選択万能主義の確立-イエルネの免疫理論とバーネットのがん理論 ほか)
  • 第2部 "自己・非自己循環理論"の提唱(がんは病気か-理想生命モデルとしてのがん
  • 細胞内"がん"としてのアルツハイマー病とプリオン病-生体分子が示す"両刃の剣"
  • 老化理論の構築-老化とは、進化であり、認識である
  • 細胞多型と分子多型-病気の起源と進化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史としての生命 : 自己・非自己循環理論の構築
著作者等 村瀬 雅俊
書名ヨミ レキシ ト シテノ セイメイ : ジコ ヒジコ ジュンカン リロン ノ コウチク
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2000.5
ページ数 429p
大きさ 22cm
ISBN 4876984034
NCID BA46376857
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20063644
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想