電子耳による外国語教育 : 聴覚心理音声学の理論と実際

滝澤隆幸, 大岩昌子 著

本書は、APP法が日本語母語話者に有効か否かをTomatis方式、並びに筆者らの独自のプログラムによって探った結果を報告するものである。APP法の有効性と問題点を指摘した上で、筆者らが研究開発した聴覚神経音声学(Audio‐Neuro‐Phon'etique〔ANP〕)という新しい分野についても言及している。また、同方法を大学等の外国語教育の現場へ導入する際の問題点についても触れている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 聴覚心理音声学(聴覚心理音声学の応用分野
  • 聴覚心理音声学理論
  • 電子耳装置(OE装置))
  • 第2部 聴覚心理音声学的方法の検証(実験1-標準プログラム
  • 実験2-集中プログラム(フランス語)
  • 実験3-集中プログラム(英語) ほか)
  • 第3部 総括(外国語教育に適用する学習プログラムの試案
  • 聴覚心理音声学から聴覚神経音声学へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 電子耳による外国語教育 : 聴覚心理音声学の理論と実際
著作者等 大岩 昌子
滝沢 隆幸
書名ヨミ デンシ ミミ ニ ヨル ガイコクゴ キョウイク : チョウカク シンリ オンセイガク ノ リロン ト ジッサイ
出版元 駿河台出版社
刊行年月 2000.2
ページ数 173p
大きさ 26cm
ISBN 441102201X
NCID BA46374771
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20054460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想