贈与の謎

モーリス・ゴドリエ 著 ; 山内昶 訳

モース『贈与論』とレヴィ=ストロースのモース批判をふまえて社会における贈与の役割を再検討し、贈与を出発点として宗教や王権へ、国家や貨幣へと社会関係が物神化される過程を解明し、現代の自由競争社会を超える贈与の原理を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 与えるモノ,売るモノ、与えるのも売るのも駄目で、手放せないモノ
  • 1 モースの遺贈(名著の輝きとその影)
  • 2 人間と神々の代替=物(ニューギニア・バルヤ族での聖物、貴重物、物=貨幣
  • ポトラッチ社会の出現と発展の仮説)
  • 3 聖なるもの
  • 4 魔法の解けた贈与

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 贈与の謎
著作者等 Godelier, Maurice
山内 昶
ゴドリエ モーリス
書名ヨミ ゾウヨ ノ ナゾ
書名別名 L'énigme du don

Zoyo no nazo
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 674
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2000.5
ページ数 339, 16p
大きさ 20cm
ISBN 4588006746
NCID BA4636843X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20077534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想