武満徹音の河のゆくえ

長木誠司, 樋口隆一 編

タケミツトオルとはなんだったのだろうか?静謐で豊穣な音の響き、彫琢をへた思索と言葉、ジャンルを越えた共働の歓び、繊細で創造的な人びととの交流。「戦後」という時代と「前衛」という精神を最も美しく形象化したひとりの芸術家の多彩な姿と可能性を多角的に論じた初めての武満徹論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 日本語で語る音楽への軌跡
  • 1 ア・ウェイ・ア・ローン-武満徹の作品世界
  • 2 鳥は星形の庭に降りる-多面体としての武満徹
  • 3 地平線のドーリア-世界の中の武満徹
  • 4 海へ-歴史の中の武満徹
  • 遮られない休息-附録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 武満徹音の河のゆくえ
著作者等 樋口 隆一
長木 誠司
書名ヨミ タケミツ トオル オト ノ カワ ノ ユクエ
出版元 平凡社
刊行年月 2000.3
ページ数 451p
大きさ 22cm
ISBN 4582299024
NCID BA46363924
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20088228
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想