響きの生態系 : ディープ・リスニングのために

藤枝守 著

「聴くこと」を通じて、自分という存在がまわりの環境のなかに浸透していくような体験。それは、自ら聴いていると同時に、環境も自らを聴いているような相互作用的な意識の交感をもたらす。このような「聴くこと」の意識のなかでジョン・ケージをあらたに捉えてみると、それまでのラディカルな姿が消えて、ネイチャーに目覚めた「もうひとりのケージ」がみえてきた。本書では、ケージとともに、自らの耳を信じ、自らの身体と自らが根ざす場所にこだわった十三人のアメリカの実験作曲家たちの実践について語った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 もうひとりのケージ-理論編(響きの喪失・響きの再生-音律再考
  • もうひとりのケージ-ジョン・ケージと実験音楽 ほか)
  • 2 アメリカ実験作曲家の肖像(モノトナスな声-ロバート・アシュリー
  • パーチの声-ハリー・パーチ ほか)
  • 3 音のパフォーマティヴィティ-実践編(『植物文様』-藤枝守(1)
  • 『夜の歌』-藤枝守(2) ほか)
  • 4 音のベースメント-CD解説(ジャストな響き
  • 微分音の世界 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 響きの生態系 : ディープ・リスニングのために
著作者等 藤枝 守
書名ヨミ ヒビキ ノ セイタイケイ : ディープ リスニング ノ タメニ
シリーズ名 ArtEdge
出版元 フィルムアート社
刊行年月 2000.3
ページ数 255p
大きさ 21cm
ISBN 4845900041
NCID BA46352076
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20155087
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想