子どもを持たないこころ : 少子化問題と福祉心理学

青木紀久代, 神宮英夫 編著

少子化対策は、福祉行政だけの問題ではありません。経済、文教、労働など、多様で総合的な取り組みが必要とされています。一方で、子どもを持つか持たないかということは、個人が自分の問題として考えるべきものです。その人のこころのあり様に関する問題なのです。個人のこころの問題と国の施策という、とても微妙で複雑な関係が、この少子化問題にはつきまとっているのです。こころの問題は、心理学の研究対象です。しかし、少子化についての心理学的研究は、ほとんど行われていないといった方がよいのが実態です。心理学としては、もっとこの問題を扱い、その成果を、さまざまな立場の人たちに積極的にアピールする必要があると考えています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 少子化はなぜ問題なのか
  • 2章 「少子化」とライフプラン
  • 3章 未婚女性の結婚観と子育て観-そのナルシシズム的要因
  • 4章 少子化を止めるために
  • 5章 福祉心理学からの提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもを持たないこころ : 少子化問題と福祉心理学
著作者等 神宮 英夫
青木 紀久代
書名ヨミ コドモ オ モタナイ ココロ : ショウシカ モンダイ ト フクシ シンリガク
書名別名 Kodomo o motanai kokoro
出版元 北大路書房
刊行年月 2000.3
ページ数 165p
大きさ 19cm
ISBN 4762821691
NCID BA46347892
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20056578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想