金融工学の挑戦 : テクノコマース化するビジネス

今野浩 著

金融ビジネスにとって激動の時代が始まっている。日本版金融ビッグバンの渦中にあって、国内企業が対応に苦慮する一方、金融ハイテクを駆使する外国の金融機関は、日本人が戦後蓄えてきた1200兆円の個人資産に狙いを定めてきている。外国資本を抑えるためにも、この分野への多くの人材の参入が不可欠だ。金融工学の世界的な展開に身近に接し、日本における水準の向上に尽力してきた著者による明晰なパースペクティブ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 金融工学の時代
  • 第2章 金融工学の系譜
  • 第3章 資産運用理論
  • 第4章 デリバティブ
  • 第5章 割引率と金利変動モデル
  • 第6章 証券化と信用リスク
  • 第7章 最近の話題
  • 補章 金融工学への道のり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融工学の挑戦 : テクノコマース化するビジネス
著作者等 今野 浩
書名ヨミ キンユウ コウガク ノ チョウセン : テクノコマースカスル ビジネス
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2000.4
ページ数 225p
大きさ 18cm
ISBN 4121015274
NCID BA46342174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20073173
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想