秋瑾嘯風

藤森節子 著

「纏足」は、秋瑾にとってどういうものであったかを思うとき、黒闇にとざされた中国の女たちを、その世界から解き放つことが秋瑾の痛切な願いであり、そこが秋瑾の原点だったことに、著者はこだわりつづけたかった。このこだわりだけを、ただ一つのたよりにして、著者はさまざまな角度から秋瑾に迫ってみた。ここにあるのは、そうやってたどってきた道の記録といったものであって、まとまった伝記にはならなかった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 秋瑾 嘯風(1997年秋瑾がつぶやく
  • 秋雨(チウユイ)秋風(チウフォン)愁殺人(チョウシャーレン))
  • 紹興の街と秋瑾-架空旅行記(架空旅行へ
  • 行き先は中国浙江省の紹興
  • 海嘯と『浙江潮』
  • 紹興・秋瑾処刑の場 ほか)
  • 弾詞精衛石と中国女報
  • 秋瑾もう一つの側面

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秋瑾嘯風
著作者等 藤森 節子
書名ヨミ シュウ キン ショウフウ
出版元 武蔵野書房
刊行年月 2000.1
ページ数 124p
大きさ 20cm
ISBN 4943898033
NCID BA46334915
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20072272
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想