毒草を食べてみた

植松黎 著

たった0.06ミリグラムで巨象を打ち倒すバッカク。天武天皇系の皇位が天智天皇系に移る一年前、正倉院から密かに持ち出された毒草冶葛。絶望的な激痛から人類を救い出したケシ。高速道路のかたわらで、青酸カリより激しい毒草としての甦りを待つキョウチクトウなどなど、人間の生と死をあやつる毒草は私たちのすぐそばにいる。これは、そうした毒草を食べてしまった人たちの世にも怖ろしい44の物語である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ドクウツギ-別名はイチロベゴロシ
  • バイケイソウ-一つ目の胎児を産む妊娠十四日目の恐怖
  • キョウチクトウ-アレキサンダー大王の軍隊を打ち倒した毒草
  • トリカブト-解毒剤はいまだにない
  • フクジュソウ-元日花といわれるが…
  • キナ-もし世界の平均気温が二度あがったら
  • バッカク-LSD誕生の瞬間
  • シキミ-抹香くさいとはシキミの臭い
  • ドクゼリ-小さじ一杯が生死の分かれ目
  • アサ-ガンジス河に流れる大麻の煙〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 毒草を食べてみた
著作者等 植松 黎
書名ヨミ ドクソウ オ タベテミタ
書名別名 Dokuso o tabetemita
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2000.4
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 4166600990
NCID BA4633208X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20173893
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想