スポーツ・エージェント : アメリカの巨大産業を操る怪物たち

梅田香子 著

アメリカ世界最大のプロスポーツ大国として知られる。MLB、NFL、NBA、NHLをはじめとするアメリカのプロスポーツはいまや一大産業にまで成長し、繁栄をつづけている。そのビッグ・ビジネスを取り仕切っているのがエージェントである。巨額の契約金と年俸、スキャンダル、訴訟-ありとあらゆるトラブル、野心、売名、商魂の渦巻くアメリカのスポーツ・ビジネスを操るモンスターたちの実態を通して「見えざるアメリカ」の素顔に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アメリカ社会とスポーツ・ビジネスの繁栄(エージェントは二流の弁護士?
  • 代理人の資格とは
  • 訴訟社会アメリカ ほか)
  • 第2章 素顔のスポーツ・エージェントたち(ウェイド・ボッグスの恩人
  • トラブル処理係
  • スプリーウェル問題 ほか)
  • 第3章 組織化されていくスポーツ・マネージメント(三大総合エンターテイメント企業
  • ある結婚退社
  • ナイキの創業者ナイト ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スポーツ・エージェント : アメリカの巨大産業を操る怪物たち
著作者等 梅田 香子
書名ヨミ スポーツ エージェント : アメリカ ノ キョダイ サンギョウ オ アヤツル カイブツタチ
書名別名 Supotsu ejento
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2000.4
ページ数 198p
大きさ 18cm
ISBN 4166600982
NCID BA4633186X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20173894
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想