市場と反市場の経済思想 : 経済学の史的再構成

中村廣治, 高哲男 編著

従来の時系列的・系譜学的記述でなく、これまでにない市場‐反市場という視点でとらえ、「市場の学」としての経済学を強く打ち出した経済学説史。市場経済は法体系の上に成立するという前提に基づき、各々の時代の背景(政治と経済の関連)と、代表的研究者・学者の紹介を原典の抜粋を交えて紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 市場形成の思想(市場社会へのヴィジョン
  • 政策論争と市場認識の展開)
  • 第2部 市場思想の確立と展開(A.スミス:自然的発展の経済学
  • D.リカードウ:内生的成長の経済学
  • T.R.マルサス:内生的成長否認の経済学)
  • 第3部 市場思想の継承と批判(J.S.ミル:市場経済とアソシエーション
  • K.マルクス:市場をくりぬく解放の思想
  • A.マーシャル:有機的成長の経済学)
  • 第4部 市場思想の継承的モデルと批判的モデル(新古典派経済学:市場主義の定式化
  • ケインズ経済学:市場主義批判の定式化)
  • 第5部 市場思想への懐疑(ヴェブレンとシュンペーター:市場の経済社会学
  • 近代日本の経済思想:市場思想の導入から高度成長まで)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市場と反市場の経済思想 : 経済学の史的再構成
著作者等 中村 広治
高 哲男
書名ヨミ シジョウ ト ハンシジョウ ノ ケイザイ シソウ : ケイザイガク ノ シテキ サイコウセイ
シリーズ名 Minerva text library 13
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2000.4
ページ数 312p
大きさ 21cm
ISBN 462303190X
NCID BA46312639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20061206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想