病いと人

ヴィクトーア・フォン・ヴァイツゼッカー 著 ; 木村敏 訳

フロイトと並び輝く"病みの知"の巨星が永年にわたる思索を結晶させて成った本書は、"病気はどこから来るのか?"という人類普遍の課題への飽くなき探究の集大成であると同時に、来るべき「患者の時代」のいのちの医療に根幹指針を提供する。文字どおり20世紀人間学の金字塔とも呼ぶべき超歴史的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前篇 臨床供覧(偏頭痛と糖尿病
  • 扁桃炎後の腎炎
  • ヒステリー性の腸閉塞
  • ヒステリー性の嘔吐 ほか)
  • 後篇 医学的人間学入門(どこ、いつ、なに、なぜ
  • パトス的なもの
  • ゲシュタルトクライスとエス形成
  • 死の連帯性と生の相互性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 病いと人
著作者等 Weizsäcker, Viktor von
木村 敏
von Weizsacker Viktor
フォン・ヴァイツゼッカー ヴィクトーア
書名ヨミ ヤマイ ト ヒト : イガクテキ ニンゲンガク ニュウモン
書名別名 Der kranke Mensch

医学的人間学入門
出版元 新曜社
刊行年月 2000.4
ページ数 392p
大きさ 22cm
ISBN 4788507153
NCID BA46301279
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20056640
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想