ソウル都市物語 : 歴史・文学・風景

川村湊 著

「千年王国」の風水神話に導かれ、李朝初期に成立をみた都市・漢陽は、要塞都市・漢城から、日本の植民都市・京城へ、そして南北分断後のソウル特別市へと大きくその姿を変貌させていく。この都市に生き、訪れ、去っていた人々は、どんな想いを抱いたか?伝説や文学、歌、流言の風景を史実に重ねあわせ、都市の近代化を新たな視点で探る。歴史を生き抜いた都市の過去から未来を、多彩な物語で読みとく、新しいソウル案内。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 京城の絵葉書
  • 第1章 風水都市・漢陽
  • 第2章 城廓都市・漢城
  • 第3章 漢城から京城へ
  • 第4章 植民都市・李箱の京城
  • 第5章 日本都市・少年たちの京城
  • 第6章 京城からソウルへ
  • 第7章 サーラム国の旅人
  • 第8章 ソウルからSEOULを歌う
  • 第9章 ソウル・タリョン
  • 終章 1990年代の「月の町」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソウル都市物語 : 歴史・文学・風景
著作者等 川村 湊
書名ヨミ ソウル トシ モノガタリ : レキシ ブンガク フウケイ
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2000.4
ページ数 271p
大きさ 18cm
ISBN 4582850391
NCID BA46297433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20086578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想