日本外交の再点検 : 検証「吉田ドクトリン」

田久保忠衛, 太田正利, 平松茂雄 編著

国の防衛、安全保障を米国に依拠し、経済的国益を求めた「吉田外交」、これを継承してきた日本外交はこのままでよいのか。外交問題の論客8人が鋭く抉る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 戦後外交の背後にあるもの-日本人のアイデンティティー
  • 第1章 「吉田ドクトリン」の成立とその遺産
  • 第2章 日本の「国柄」はいかにあるべきか
  • 第3章 米ソ冷戦と日本外交
  • 第4章 戦後の中国の対日政策と日本-日米安保条約と台湾問題を中心に
  • 第5章 戦後の日台関係
  • 第6章 戦後の日ソ・日ロ関係を検証する
  • 第7章 日本の中東資源外交
  • 第8章 冷戦と日本、核と軍縮の歴史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本外交の再点検 : 検証「吉田ドクトリン」
著作者等 太田 正利
平松 茂雄
田久保 忠衛
書名ヨミ ニホン ガイコウ ノ サイテンケン : ケンショウ ヨシダ ドクトリン
出版元 時事通信社
刊行年月 2000.5
ページ数 223p
大きさ 20cm
ISBN 4788700549
NCID BA46292247
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20061117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想