過去を推測する人類学としての考古学

デービット・トーマス 著 ; 関俊彦 訳

科学性が求められる考古学は、現在発展の段階にある。本書は、最終の目標に達するまでの中間報告として、現状での考古学の成果を紹介したものである。事例を用いるさいには、異なった2つの論考を引用し、はじめて考古学を学ぶ読者のために図表をとりいれた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 人類学としての考古学
  • 2章 物質文化の分類
  • 3章 年代測定について
  • 4章 自然遺物からの生活復原
  • 5章 生活様式と環境
  • 6章 行動考古学
  • 7章 文化過程の研究
  • 8章 パレオ民族学の範囲

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 過去を推測する人類学としての考古学
著作者等 Thomas, David Hurst
関 俊彦
トーマス デービット
書名ヨミ カコ オ スイソクスル ジンルイガク ト シテノ コウコガク
書名別名 Predicting the past:an introduction to anthropological archaeology
出版元 六一書房
刊行年月 1999.12
ページ数 154p
大きさ 21cm
ISBN 4947743050
NCID BA45783888
BA46272396
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20073936
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想